お彼岸 結婚式 縁起 招待状

子育てパパカフェ

子育てって何したらいいんだ!?そんなパパのお悩み解決カフェブログ。お父さん・お母さんに役立つ情報を配信して行きます♩目指せ、イクメンの☆

お彼岸での結婚式は問題あり!招待状も注意しよう。

春と夏にある「お彼岸」中の結婚式は、はっきり言って避けた方が良いです。

お彼岸での結婚式は避けた方が良い理由、そして招待状にも注意したい理由を詳しく解説していきます。

 

お彼岸中に結婚式をあげようとしているあなた、どうか1度立ち止まってください。


スポンサーリンク



お彼岸での結婚式、宗教的に問題は?

まず、そもそも「お彼岸」とは仏教で定められています。

毎年昼と夜の長さが同じになる「春分の日」と「秋分の日」。この前後3日間を含めて「お彼岸」となります。

 

お彼岸は、なくなった方を供養することで極楽浄土へ行ける、と定義されています。

 

さて、そんなお彼岸の期間中に結婚式を開いても良いのか?という疑問ですが。。。

実は宗教上の問題は何もありません。

 

お彼岸は1年のイベントであり、喪に服しているわけでもありません。

そのため、お彼岸中に結婚式を開いても、宗教上は問題がない、というわけですね。

 

お彼岸の結婚式は、それでも避けた方が良い

宗教的に問題ないなら、お彼岸中に結婚式をあげても良いじゃん!

スポンサーリンク

 

と、考えているあなた。

その考え、結婚式に招待する相手を考えていますか?

 

お彼岸中なら、式場の費用安いし。。。

・お彼岸中なら、ちょうど春分か秋分の祝日があるし。。。

 

と、自分のことだけ考えてませんか?

 

お彼岸は、家族みんなでお墓参りをしてご先祖様を供養する期間です。

 

最近では確かにお墓を大切にする人は減ってきていますが、大切な日本人の行事です。

特にご年配の方ほど、お彼岸は必ずお墓参りに行きます。

 

そんなお彼岸は家族でお墓参りを習慣としている方が、結婚式をお彼岸中に開くと言われたらどう思うでしょうか?

 

他の家庭の事を考えられない新郎新婦なんだな

 

と思われてしまっても仕方ありません。

 

宗教的に問題なくても、お墓参りの予定が入る可能性が高いお彼岸に結婚式は避けましょう。

 

結婚すると、これまで以上に親類との付き合いも増えます。

わざわざ2人の評判が下がるような事は避けましょう。

 

お彼岸中は結婚式の招待状も注意しよう

お彼岸中に結婚式の招待状が届くのも地域によってはNGです。

 

特にご年配の方は、お彼岸=喪に服すと考えている方も多いです。

 

たかが結婚式の招待状、されど結婚式の招待状です。

ご年配の方に送付するときは、お彼岸中に届かないよう注意しましょう。

 

 

以上、お彼岸での結婚式は避けたほうがいいのか?でした。

 

結婚式をお彼岸昼に開く開かないは、自分たちを主として考えるのでなく、結婚式に招待する相手を主として考えましょう。

お彼岸は亡くなった人思い出す大切な日本の行事。

最近ではお墓参りをする人自体減ってきておりますが、結婚するならなおのこと意識しないといけません。

 

せっかくの2人の門出、招待する人にも気持ちよく送ってもらいましょう。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

ようこそ、パパカフェへ!
パパカフェのマスター
「ゆう」です(^^)

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

最新記事
あなたへのオススメグッズ♩

カテゴリー
当サイトの基本ページ