子育て ブログ パパ 

子育てパパカフェ

子育てって何したらいいんだ!?そんなパパのお悩み解決カフェブログ。お父さん・お母さんに役立つ情報を配信して行きます♩目指せ、イクメンの☆

赤ちゃんのお風呂グッズを紹介!マットやシャンプーなど色々必要です(汗)

育児道具特集第四弾!
お風呂道具編です。
パパが最も担当する育児!それが赤ちゃんのお風呂です。
ここはぜひ理解しておきましょう!


スポンサーリンク



ママが最もパパに頼る育児。
それが、

赤ちゃんのお風呂入れ

です。
ほとんどのパパの仕事となる、このお風呂入れ。

赤ちゃんのお風呂入れは何かと道具が必要となります。
赤ちゃんは長時間お風呂に入れる事はできないし、
かといって出た後はさっさと服を着せるところまで持っていかないと
風邪をひいてしまいます。

赤ちゃんをすばやくお風呂に入れるためにも、
道具は準備万端にしてかかりましょう!

お風呂道具の一覧

では、早速まずはお風呂に必要な道具を一覧で紹介します!

①ベビーバス
②ガーゼ
③沐浴布
④タオル
⑤湯温計
⑥爪切り
⑦ブラシ
⑧綿棒
⑨ベビー石鹸
⑩ベビーシャンプー
⑪ベビーローション

お、多い。
これまでの道具一覧で最も多い数となりました。

さあ、では詳しい説明に入ります!

ベビーバス

赤ちゃんのためのお風呂、です。
生後1ヶ月までは利用することになります。

逆を言えば生後2ヶ月目からは、普通のお風呂に一緒に入れるので
不要となります。

大体千円~5千円くらいで変えますが、たかだか1ヶ月しか利用しない・・・
パパ先輩の方が、さらにパパ先輩から貰ったりしている場合が多いので
譲ってもらいましょう♪

ちなみに、大きめのバケツとかでも問題なかったりしますw(゚o゚)w

ガーゼ

赤ちゃんの顔を洗う時や、お湯の中に入れる時につつんだ状態で入れてあげると
安心してお湯の中に入ってくれます。

と、ここで誤解があるといけないので一言。
赤ちゃんの洗い方は、体は手で洗ってあげます。
そして、顔は手でごしごしとやると、嫌がって泣かれてしまうので、
このガーゼを利用します。

ガーゼはお風呂に入れる時だけではなく、オムツを替える時とかにも使うので、
何枚か買っておきましょう♪

沐浴布

ガーゼと同じく、赤ちゃんの顔を洗う時と、お湯の中に入れる時に包むのに使います。

正直ガーゼと沐浴布には大きな違いはありません。
大きめのガーゼを買えば、沐浴布は特に必要ありませんので、
どちらか一方でも問題ありません。

ちなみに、普通に売っているものでは赤ちゃんの肌には硬すぎるので、
ちゃんと赤ちゃん用の沐浴布を買ってくださいね(o^∇^o)ノ

タオル

いわずもがな、ですね。
赤ちゃんをお風呂から出した後は、すぐにお湯を拭いてあげましょう。
そうしないと、体についているお湯が冷めて、一気に赤ちゃんの体温が低くなり
風邪をひいてしまいますよ~( ̄Д ̄;;

湯温計

お湯の温度をはかる温度計です。
赤ちゃんのお風呂は大体35度~40度程度となります。
人肌の温度ですね。

んで、その温度を測るために利用する道具。
最近の家では、お湯の温度を設定できる機能が付いているので、
そういったお家では不要ですよ〜

爪切り

赤ちゃんは自分の手で、顔や体を掻くので、
爪をほかっておくと、自分で自分を傷つけてしまいます(;´Д`A ```

さらにやっかいな事に、赤ちゃんは成長が早いので爪の伸びも非常に速いです。
そこで、お風呂から出たタイミングで毎日チェックをしましょう♪

お風呂から出た時は、爪もふやけて柔らかくなっているので
切り易い状態となっており、楽に爪を切れますよ。

ちなみに赤ちゃんの手は非常に小さいので、パパ達が使っている爪きりは使えません!
ちゃんと赤ちゃん用の爪きりを購入してくださいね。

スポンサーリンク

ブラシ

赤ちゃんの髪を研ぎます。
これもまた、大人が使っているブラシは使ってはいけませんよ~

赤ちゃんは頭の骨がまだくっついていないので、
基本的に頭に衝撃を与えてはいけません。
そんな所に大人用のブラシを当てると、頭に衝撃を与えてしまいます。

ですので、これまた赤ちゃん用のブラシを購入してください!

綿棒

おへそと耳と鼻の中を掃除するために使います。

綿棒には大人用も子供用も特にありませんので、
自由に選んで問題ありません♪

ベビー石鹸、ベビーシャンプー、ベビーローション

えっと、この3つは一つにまとめさせてもらいました。

赤ちゃんは肌が弱いので、大人用を使うとあっという間に肌荒れを起こします。
そこで登場するのが、この「ベビー○○」
赤ちゃん用の肌に優しい代物です。

で、一つにまとめさせてもらった理由は、
最近では頭も体も洗えて、さらにお風呂の後にローションを塗らなくても大丈夫、という
商品が多数出ています。

洗う場所や、洗った後に専用の道具を利用するのは、正直毎日の事となるので手間がかかります。
よって、私はそういったオールマイティに使える、
いわゆるベビーソープをオススメしています。

とはいえ、赤ちゃんの肌の強さは、赤ちゃんそれぞれによるので
まずは試して、肌荒れが出るようでしたら他の商品にしたり
それぞれ洗う場所等によって、モノを変えてくださいね。

あとがき

いかがでしたか?お風呂道具編。
結構色々な道具が必要でしょ?

一つ一つは千円もしないものなんですが、
とはいえこれだけの量を揃えるのは大変です。

また、お風呂は毎日入れる事になるので、オムツの時と同じく
箱を準備してそこにまとめて入れておくのがベストですよ(≧∇≦)b OK

最後に、今回紹介した道具には「どちらか一つあればよい」というモノが多々ありますので、
そちらをまとめておきますね。

ガーゼ or 沐浴布
注意点:赤ちゃんをお湯の中に入れる時に包む事にも利用するので
ガーゼのみにする場合は、大きめのガーゼを準備すること!

ベビー石鹸 or ベビーシャンプー or ベビーローション
注意点:赤ちゃんの肌の強さは、赤ちゃん一人一人違います。
利用して、肌荒れが起きるようでしたら、すぐに違う商品にしましょう!

では、今回のお風呂道具編は、以上でおしまいおしい~ヾ(=^▽^=)ノ
(ふ~、いつも以上に長くなり、ちょっと疲れてしまった・・・)

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

ようこそ、パパカフェへ!
パパカフェのマスター
「ゆう」です(^^)

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

最新記事
あなたへのオススメグッズ♩

カテゴリー
当サイトの基本ページ