子育て ブログ パパ 

子育てパパカフェ

子育てって何したらいいんだ!?そんなパパのお悩み解決カフェブログ。お父さん・お母さんに役立つ情報を配信して行きます♩目指せ、イクメンの☆

なにはともあれ、まずは市役所へ届け出よう

嫁さんが妊娠した!
まわりの人達への報告はもちろんですが、
なにはともあれ、まずは役所への届出をしましょう!


スポンサーリンク



嫁さんが妊娠した!!!

(ここから先はママさんで統一します)

といっても、子供が生まれるまでは10ヶ月かかります。
と、なると自分の体に異変を感じていないパパは

まだまだ時間もあるし、大丈夫だ。
もっと先になってから必要な物は買えばいいかな~。

なんて考えていませんか?

いやいや、妊娠が分かったら、
すぐにやらないといけないことがあります!!!

それは、

役所への届出

です。

これから先、ママさんは産婦人科へ定期健診に行きます。
その度に、「健診料」がかかります。

この「健診料」。
正直バカになりません。
1回当たり、軽く1万円越えします。

血液分析等、しっかりした検査をする時は
2万円越えすることもあります( ̄Д ̄;;

大体妊娠期間中に受ける定期健診は14回。

トータル16万円

程度します。
(妊娠後、なにかあるとさらにかかります。)

そんな「健診料」。
なんと市が負担をしてくれます!

そのために必要なのが、

「妊婦健康調査受信票」

これを市役所、または保健所から発行してもらう必要があります。
発行場所は市によって違うため、役所に電話をして聞いてみましょう。

スポンサーリンク

ちなみに、この際に、あのよく聞くキーワード、
「母子手帳」も一緒に貰います。

発行してもらうために必要なのは
産婦人科から発行される、「妊娠届」。

大体1ヶ月~1ヶ月半すると、ママさんのおなかの中の
赤ちゃんがちゃんと成長するか分かるので、
この時点で「妊娠届」は発行してくれます。

そして、次回から「妊婦健診」となり、清算時に「妊婦健康審査受診票」を出せば、
支払う金額は

健診料 - 市からの支給金額 = 自分が支払う金額

となります。

後から申請も可能ですが、、
正直めちゃくちゃめんどくさい!!!

それまでの領収書や、診断結果票を持って行き、申請書を記載して・・・
時間はかかるわ、平日に行かないといけないわ、最初に健診料全額払わないといけないわ、
もう最悪です( ̄Д ̄;;

よって、「妊娠届」が産婦人科から発行されたら、
すぐに市役所に行き、妊婦健康診査受診票を発行してもらいましょう(^^)

☆今日のパパポイント

産婦人科から「妊娠届」をもらったら、
市役所・または保健所に届け出し、

「妊婦健康診査受診票」を発行してもらう!!!

★今日のコネタ

実は市によって、この妊婦健康診査受診票で補助される金額は違います。

私の住んでいる町は、計14回の健康診断+子宮がん検診まで、
金額に換算すると約10万円もの補助金がもらえます。

一方、全国で最下位の補助金額となる、大阪府守口市。
なんと、全部の検診込みで、たったの1万2千円; ̄ロ ̄)!!

これは住んでいる市の財政状況や、育児への取り組みによって
金額が変わってきます。

こんなに違いがあっていいのか、という疑問はありますが。

ただ、嘆いても仕方がないので、自分の住んでいる市の補助金を調べ、
いくらもらえるのかちゃんと調べ、
そのためのお金はちゃんと準備しておきましょう。
(貰える補助金額はたいていは市のHPから調べることができます)

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

ようこそ、パパカフェへ!
パパカフェのマスター
「ゆう」です(^^)

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

最新記事
あなたへのオススメグッズ♩

カテゴリー
当サイトの基本ページ