子育て ブログ パパ 

子育てパパカフェ

子育てって何したらいいんだ!?そんなパパのお悩み解決カフェブログ。お父さん・お母さんに役立つ情報を配信して行きます♩目指せ、イクメンの☆

【最新版】7人乗りファミリーカー/ミニバンを探せ〜外車編〜

当サイトでも人気の記事、7人乗りファミリーカーの外車編

今回は2016年度最終盤ってことで、2016年12月現在発売されている外車の7人のりファミリーカーを徹底調査&レビュー!

管理人の辛口コメントを添えて、外車の7人乗りファミリーカーを紹介しちゃいます♪


スポンサーリンク



 

※本記事は、管理人の個人的感想を隠さず書いています。

そのため、保持者の方は気分を悪くすることもあります。

あくまで一個人が言っていることなので、流していただけると幸いですm(__)m

 

シトロエンのファミリーカー/ミニバン

フランスの大手自動車メーカー「シトロエン」。

シトロエンでは、7人乗りファミリーカーとして「C4ピカソ」が発売中。

値段は新車で353〜390万円と、会社の中では休め。

 

まずは見た目ですが。。。

th_citroen_1

う、う〜ん、微妙(汗)

 

シトロエンのデザインは可愛らしくて好きなんですが、C4ピカソは車高が高くなっていてもっさりって感じが否めませんね。

シトロエンらしい丸っこさは表現できているので、この丸顔が好きな人にとってはたまりませんね。

 

 

ハイオクとディーゼルの2つがあり、燃費はハイオクが14.6km/l、ディーゼルが18.0km/l。

 

 

 

フォルクスワーゲンのファミリーカー/ミニバン

一気に日本でも広まったフォルクスワーゲン!

フォルクスワーゲンは日本市場を非常に大切にしていることもあり、なんと7人乗りファミリーカー/ミニバンは2車種もある!

 

シャラン

まさかのスライドドアが登場!

外車でスライドドアを装備しているのは、シャランのみ。

気になるお値段は、新車で360〜467万円とちょっぴり高め。

 

th_syaran_1

th_syaran_2

 

管理人は安全面を考えて、スライドドア反対派ですが。。。

便利さからスライドドアにどうしてもしたい!というママの強い要望があり、曲げれない人には嬉しい車。

 

これはさすがフォルクスワーゲン。ユーザーニーズをしっかり押さえてきています。

 

エンジンはハイオクのみ対応で、15.0km/lです。

 

ただ。。。個人的な感想ですが、どうもフォルクスワーゲンのこのエクステリアは気に入らない。

ぶっちゃけスライドドアにすることで車高が上がり、日本車とあまり変わらないデザインに。

 

エンブレムがなければ、日本車?と素で思ってしまう(涙)

 

 

ゴルフ トゥーラン

フォルクスワーゲンの看板商品「ゴルフ」の7人乗りバージョン。

値段は284〜397万円と、シャランよりも1、2段やすい値段となります。

 

th_thuran_1

th_thuran_2

ドアはスライドドアではなく、ヒンジ式。

 

エンジンはハイオクのみ対応で、18.5km/lです。

 

シャランとはまたちょっとデザインだけど、管理人は好きではありません。

昔のフォルクスワーゲンはもっと主張の強いデザインだったけど、今のデザインははっきり言って微妙。

日本車と何が違うの?と突っ込みたくなります。

 

 

 

と、ここまでフォルクスワーゲンはデザインをボッコボコに言いましたが、安全面はエアバックが全面に施してあり非常に好感が持てます。

他車だと2列目以降のエアバックはオプションになってる場合がほとんど。

 

ここを標準装備としているところは、非常にGoodですね。

 

プジョーのファミリーカー/ミニバン

猫のような乗り味と言われ、曲線の美しさから一部に熱狂的なファンも多いプジョー。

プジョーからは7人乗りファミリーカー/ミニバンとして「5008」が発売中。

値段は330〜362万円と、外車の中では中くらいの値段設定。

th_5008_1

th_5008_2

スポンサーリンク

 

正面からの外見は非常にGood。

独特なデザインで、見てすぐにプジョーとわかります。

が、後ろははっきり言って残念の一言。

th_5008_3

よく言われていますが、トヨタのアイシス?と突っ込みたくなる。

 

そしてコックピットはまた曲線が綺麗に出ていて、素晴らしいですね!

 

安全面ではフォルクスワーゲンには劣りますが、6エアバックが標準装備。

国産車よりはかなり安全です♪

 

ルノーのファミリーカー/ミニバン

日産の親会社でもあるフランスの車メーカー「ルノー」!

ルノーからは根強いフランスでの国民車(商業カーとしても大ヒット)している「カングー」。

値段も235〜259万円と、日本車を買うよりも安く買えてしまいます(笑)

 

th_kangoo_1

th_kangoo_2

 

 

 

カングーは、このデザインがめちゃくちゃ特徴的ですね。

こんなにポップなデザインは他にありません。

 

さらにさらに、スライドドアにリアは観音扉で開きます!

 

もともと商業カーとして売っていたこともあり、荷物はたくさん乗るし、天井にも収納スペースが。

 

はっきり言って、高級感は全くありません。

しかし、このポップな見た目に心奪われる人は多いはず。

 

管理人も最後の最後まで悩んだ車でした(笑)

 

BMWのファミリーカー/ミニバン

外車といえば、やはりBMW!

走りを売りとしているため、長く7人乗りファミリーカーは発売されていませんでしたが、とうとう2015年に発売されました♪

その名も「2シリーズ グランツアラー

 

th_bmw2_1

th_bmw2_2

 

価格は新車でも381万円〜477万円とかなり良心的。

正直私が車を買った時にあったら。。。悩んでいたレベルですね(笑)

 

見た目は7人乗りの宿命として、やはり車高が高い。

他のシリーズよりもちょっぴりのっぺりとしてしまっていて、BMWのいかつい感じが出ずに芋っぽくなっているのは残念。

 

ただ、それでもしっかりBMWの形にしているのはさすがです。

 

エンジンはハイオクとディーゼルの2つ。

ハイオクの燃費は16.5km/l。

ディーゼルの燃費は21.3km/l。

 

どちらもかなり良好な値。

普段近所ばかり走る人なら、低速で力強く動いてくれるディーゼルがオススメです。

 

 

メルセデスベンツのファミリーカー/ミニバン

外車の帝王「メルセデスベンツ」。

メルセデスベンツからは、「V-Class」が発売されています。

なんと驚きのスライドドアです。

価格は550〜819万円と、さすが外車の帝王ベンツ。値段設定も強気です。

 

th_v_1

th_v_2

 

うん、思ったよね?

正直な気持ちを言いましょう。

 

そう、致命的にダサいです!!!

 

とはいえ、もともとメルセデスベンツが出していた7人乗りは、業務用カーとして発売していました。

日本でよくみるハイエースとかですね。

そこをベースに作っているので、このデザインは仕方ない。。。いやいや、メルセデスベンツとして7人乗りをしっかり発売するなら、もっとデザインはこだわって欲しいですね。。。

 

 

パパカフェマスターゆうのオススメ外車はこれ!

 

高級感を選ぶならBMWの「2シリーズ グランツァラー」!

ポップさを選ぶならルノーの「カングー」!

 

となりました。

値段だけを見ると、高級なのはベンツでしょ?と思いますが、致命的にダサいので管理人的にNG。

フォルクスワーゲン、シトロエン、ルノー、プジョーはもともと高級路線ではないので対象から外れ、BMW一択となりました。

値段的にも381〜477万円と500万円を超えずにこの高級感をゲットできるのが良いですね♪

 

そしてポップさを選ぶなら、で選んだカングー。

正直プジョーの5008とかなり悩みましたが、デザインの強さと値段の安さ(235〜259万円)からカングーをチョイス。

 

BMWの2シリーズ グランツァラーも、ルノーのカングーも乗っているだけで周りから注目されること間違いなし!

これから買うなら、ぜひこの2台をお勧めしますよ♪

 

 

※管理人も、今乗っているスバルのエクシーガを乗り換える時はこの2台のどちらかにする予定です!

 

 

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] ※最新の車情報は、別記事でまとめています! […]

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

ようこそ、パパカフェへ!
パパカフェのマスター
「ゆう」です(^^)

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

最新記事
あなたへのオススメグッズ♩

カテゴリー
当サイトの基本ページ