チェアマット タイルマット おすすめ 床 フローリング キャスター

子育てパパカフェ

子育てって何したらいいんだ!?そんなパパのお悩み解決カフェブログ。お父さん・お母さんに役立つ情報を配信して行きます♩目指せ、イクメンの☆

ずれない&洗濯できるチェアマットを買ってみた!オフィスチェアからフローリングを守れ!

書斎ではオフィスチェアを使っている私。

使い始めて1年たち、床のフローリングを改めてみてみたら。。。ボコボコ&汚れている(涙)

これはいかん!ってことで、オフィスチェアから床のフローリングを守るためにチェアマットを買ってみました!

ってことで今回は、キャスター付きの椅子からフローリングを守るためのチェアマットのおすすめから、貼り方まで発表します!


スポンサーリンク



 

チェアマットのオススメは?

私がオススメするのは、タイルマット形式のチェアマット!

オススメする理由は、次の3つ。

 

  • サイズを自分で自由に調整できる
  • 汚れたタイルマットだけピッと取って洗濯できる
  • ダメになっても交換が簡単

 

私の書斎は四畳。

L字型のテーブルを使っているため、オフィスチェアで移動する範囲は意外と広いです。

ネットで探すと、サイズ固定の大きめのチェアマットはありますが。。。サイズがイマイチ(汗)

 

タイルマットなら必要な広さ分タイルマットをくっつけていけば良いので、自分で自由にサイズが調整できるのがGood。

 

また、最近のタイルマットは洗濯できるマットがほとんど。

もしもコーヒー等飲み物を溢してしまっても、汚れた部分のタイルマットだけを洗濯すれば良いので、掃除が楽。

そして長く使ってボロボロになってしまっても、その部分だけタイルマットを張り替えればOK。

 

ってことで、ネットショップや実際の店舗など、実際のチェアマットを探し続けた結果、

サイズが自由に調整できて、メンテナンスも簡単なタイルマットがベストだ!

という結論に至りました♪

 

チェアマットを買ってみた&貼ってみた!

ってことで、さっそくタイルマットを購入。

ネットで買っても良かったんですが、早く床を守りたかったので近くのカーマホームセンターで買ってきました♪

滑り止め+洗濯OKなタイルマットです。

 

そして私の書斎はこんな感じ。

ちなみに椅子はコスパ最強のコイズミのJG5チェアを使っています。

 

まずは椅子をどかしてフローリングをチェック。

スポンサーリンク

ぱっと見はあまり汚れてなさそうですが、近くで見ると。。。

 

白かったフローリングがかなり汚れています。

さらにボコボコ(汗)

 

水雑巾で拭いて掃除をして、タイルマットを貼った結果がこちら!

※水雑巾で拭いたのは、水分でフローリングの木が膨らんでボコボコを直すためです。

今回は3枚×3枚で貼っていきました。

これでタイルマットの広さは、135cm×135cm。

これだけの広さのチェアマットは売っていないので、自分で自由に調整できるタイルマットは最強ですね。

 

そして椅子を乗せて完了!

 

タイルマット自体は非常に薄く、ラグみたいに毛もないため、オフィスチェアのキャスターは問題なく動きます。

これまでは動かすとゴロゴロと音がしていたんですが、チェアマットのクッション&防音性で全く音もしなくなりました。

 

はっきり言ってかなり快適♪

なぜ最初に敷かなかったんだ、自分(汗)

 

 

今回私は地元のホームセンター「カーマ」でタイルマットを購入しました。

すぐに欲しい!という人は、地元のホームセンターで取り扱っているので見に行ってみましょう!

 

もちろんネットショップでも数多く種類が出ています。

私は書斎ということもあってシンプルな茶色のタイルマットを敷きましたが、もっと色やデザインにこだわりたい!という人は、ネットショップがオススメ。

ホームセンターでは売っていないようなオシャレな色合いのタイルマットが数多く販売されているので探してみてください♪

 
>>Amazoneでタイルマットを探すならコチラ

 

>>楽天でタイルマットを探すならコチラ

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

ようこそ、パパカフェへ!
パパカフェのマスター
「ゆう」です(^^)

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

最新記事
あなたへのオススメグッズ♩

カテゴリー
当サイトの基本ページ