子育て ブログ パパ 

子育てパパカフェ

子育てって何したらいいんだ!?そんなパパのお悩み解決カフェブログ。お父さん・お母さんに役立つ情報を配信して行きます♩目指せ、イクメンの☆

認定こども園とは?保育園・幼稚園との違いについて

ママが復職する事になり、子供を預ける所を調べてみたら、認定こども園・保育園・幼稚園の3種類がある事が分かったはいいけど・・・

何が違うのかまったく分からない( ̄Д ̄;

え〜っと、どのサイトを見ても法律とか小難しい事ばかりが書いてあって、
良くわからない・・・

って事で、すごく簡単に認定こども園・保育園・幼稚園の違いについてまとめました!

保育園

預けれる年齢

0才〜5才
小学校に入るまで。
小学校が終わった後も保護者が早く帰れなくて独りになる場合に、放課後保育という形で受け入れている保育園もあるそうです。

管轄省庁と運営者

厚生労働省の管轄。
実際の運営は地方公共団体。つまり、市町村ですね。
後は、社会福祉法人、つまりは市町村や県がお金を出して作った会社になります。

運営時間

運営時間は一日8時間。
日曜、祝祭日以外は基本的にやっています。
夏休みとかはありません。

してくれる事

名称の通り、あくまで「保育」。
幼稚園と違って、教育はしてくれません。
管轄している機関が厚生労働省なので、教育はしないって事なんです。

申込方法

地方公共団体へ申し込みます。
市町村の役場へ行って紙を提出するって事ですね。
大体第1〜3希望までを書いて出して、どこに入るかは抽選だそうです。

さらに、優先順位というモノがあって、

<優先順位1位>
・片親で親が働いている。(シングルマザーやシングルファザー)
・両親が両方とも働いている。(正社員)
・両親が心身に障害を抱えている。
・家族に要介護者がいる。

<優先順位2位>
・両親がパート/アルバイトをしている。
・両親が家庭内就労をしている。(内職は含まない)
・両親の就職先が内定している。
・生活保護世帯で、保育園に預ける事で自立が見込める。

<優先順位3位>
・両親が内職をしている。
・両親が大学や職業訓練校、専門学校などに通っている。
・母親が出産の前後。

1位から順に優先順位が付けられて、保育園への割り振りが決まって行きます。
しっかし、あれだな〜。
優先順位1位と2位で両親が働いているか働いていないかで変わってくるけど、正社員とパート・アルバイトで大きく差が出るんだなあ。
まあ確かにパート・アルバイトって不安定で、中には子供が保育園に入ったタイミングでやめてしまう人もいるらしいから、仕方ないんだろうけど。
なんだか一部の悪い人のために、割を食ってる人がいる状態ですよね(汗)

幼稚園

預けれる年齢

満3才〜5才
小学校に入るまで。

管轄省庁と運営者

文部科学省の管轄。
実際の運営は国、地方公共団体、学校法人となります。
う〜ん、保育園と違ってたくさんあって分かりにくい・・・

運営時間

運営時間は一日4時間。
ただし、最近では私立幼稚園では少子化対策として保育園と変わらない長さで預かってくれてるそうです。

スポンサーリンク

ただ、幼稚園と大きく違うのは、夏休み・冬休み・春休みの長期間のお休みがあること。
文部科学省が管轄しているので、小学校や中学校と同じようにお休みがあるって事らしいです。

してくれる事

保育園と違って、「保育」+「教育」。
なるほど〜、だから保育園にまず入って、3才になったら幼稚園に行く訳ですね!

申込方法

直接幼稚園へ申込をします。
入園希望者が多い場合は、抽選になる事も多数あるそうです。

認定こども園

預けれる年齢

0才〜5才
小学校に入るまで。

管轄省庁と運営者

文部科学省と厚生労働省のふたつでの管轄。
ここからが分かりにくところ。
運営者は、以下の4パターンとなります。

1.幼保連携型
別々の幼稚園と保育園が連携して、一体となって運営していく。

2.幼稚園型
省庁から認められた幼稚園が、保育園の機能も備えて運営していくタイプ。
つまり、幼稚園が、保育園のしていることもやるよ〜ってこと。

3.保育所型
省庁から認められた保育園が、幼稚園の機能も備えて運営していくタイプ。
つまり、保育園が、幼稚園のしている事もやるよ〜ってこと。

4.地方裁量型
いわゆる無認可保育園、無認可幼稚園を認定こども園として認めてしまおうってタイプ。
決める決めないは地方公共団体に任せられています。

運営時間

運営時間は一日4時間〜8時間。
ここは保護者がどちらでも選べれるようになっています。

お休みは、保育園をベースとしてるので、日曜・祝祭日のみとなります。

してくれる事

「保育」+「教育」。
まさに保育園と幼稚園を一緒にした形ですね!

申込方法

認定こども園との直接契約がもっとも多いですが、地方公共団体を通して契約する事もあります。
私の住んでいる町では、認定こども園へ直接申し込みをして、役所には認定こども園へ申込をしましたっていいう通知を出しました。
そうする事で、少しでも多くの子を役所が管理している保育園に入れるためですね。

ただ、1個疑問が・・・
それは、認定こども園の抽選に落ちたら、役所が管理している保育園には入れない!ってこと。
なんだかな〜。
まあ無認可保育園に入ればいいんだけど、イマイチぴんと来ない。
なぜ市役所で一括管理しないのかな?

運営者が違うからってのは分かるんだけど、使う側からしたら「国」ってとこには変わりないわけで・・・
よく認定こども園が増えない!ってニュースとかでやっているけど、これじゃあ当たり前。
だって、もし落ちたら保育園に入れなくなって、無認可保育園に預けるしかなくなるのに、
わざわざ認定こども園に申請するのを選ぶ人は少ないに決まっている。
となると、認定こども園への希望者は、保育園・幼稚園への希望者よりも減るのは当然ですよね?

そして、運営者側からすると、希望者が少ない→認定こども園にする必要なくない?ただでさえ少子化なのに、園児が減ったら経営が成り立たなくなる、という考えに至るのは容易に考えれるわけで。

この矛盾をどうにかしないと、認定こども園は増えないんだろうな〜

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. さらパパ より:

    難しいですね。(T_T)

    我が家の子供2人は、同じ保育所、保育園を出ていますよ。(^O^)

    何かと楽みたいです。

    またお邪魔しますね。
    良い1日を♪

  2. パパカフェマスターゆう より:

    ですよね。
    最初調べた時はまったく理解できなかったです(汗)

    我が家は無事認定こども園に入る事ができてほっとしています(笑)

    さらパパさんも良い一日を!

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

詳細はこちらからどうぞ

ようこそ、パパカフェへ!
パパカフェのマスター
「ゆう」です(^^)

プロフィール

ご質問、ご相談はこちらから
お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

最新記事
あなたへのオススメグッズ♩

カテゴリー
当サイトの基本ページ